スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第562回「オリンピック、どれが一番心に残った?」

北京オリンピックで一番印象に残ったのは、やっぱ女子ソフトですよね?

緊張の中にもミスしない安定と集中力!!すばらしい

打てない、守れないのへボチームの男子野球も見習ってほしかったですね。

今日のニュース


<タイ>最も裕福な王族にプミポン国王…米フォーブス誌

 【ニューヨーク小倉孝保】米国の有力経済誌「フォーブス」は21日、世界で最も豊かな王族としてタイのプミポン国王(80)を選んだ。同国王の推定資産は350億ドル(約3兆8500億円)。2位以下には、アブダビ(アラブ首長国連邦)のハリファ首長(60)ら産油国の王族がずらりと並んでいる。

 同誌が世界の15王族の個人資産を算出して発表。プミポン国王はバンコク市内の土地約1413平方キロメートルなどを所有。昨年、同誌は国王の資産を50億ドルと推定していたが、資産が7倍に急増した理由を、「タイ王室の資産当局が透明性を高めたため」と説明しており、これまで明らかになっていなかった資産が加わったようだ。

 2位のハリファ首長の資産は230億ドル。3位以下はサウジアラビアのアブドラ国王(84)210億ドル▽東南アジアのブルネイのボルキア国王(62)200億ドル▽ドバイ(アラブ首長国連邦)のムハンマド首長(58)180億ドル、と続いている。

 イギリスのエリザベス女王は12位、オランダのベアトリックス女王は14位。しかし、同誌は、英国のバッキンガム宮殿などは国の資産であり、女王の個人資産とは考えられない、として推定資産に含んでいない。同誌は日本の皇室やスペイン王室を調査対象の15王族に加えていない。


編集後記

世界には、いっぱい王様がいたとは、おどろいた

というか、今日のほんとのネタは、学習塾経営です。!!

中小企業経営者で、不景気風邪に吹かれ、青色と息の方は是非、ご参考にして下さい。



今回は説明は入りませんね。

見れば分ります。

学習塾開業基本マニュアル




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。